宅配ビジネスの7つの落とし穴

宅配サービスは「戦略・戦術」がなければ続かない

儲けるためには儲けるための手法があり、儲けるための「仕組み」がある

ただ単に、サービスメニューの中に「宅配」というカテゴリを加えるという軽い気持ちでは、宅配サービスは続かない。
なぜか?
片手間的に「宅配サービス」を始めるだけでは、本来、宅配サービスに要求される「きめ細かなサービス」が提供できないからである。

check1.宅配を始めれば儲かる!

いいえ儲かりません!
同じ宅配サービスでも儲かっているお店とそうでないお店があります。儲けるためには、「仕組み」が必要です。

check2.宅配サービスは、付加価値になる!

いいえなりません!
ただ単に、宅配サービスをするだけでは付加価値にはなりません。現在の忙しいライフスタイルにあわせたサービスを提供して、初めて付加価値といえます。

check3.優秀なスタッフがいれば…

いいえ違います!
優秀なスタッフ依存はリスクが伴います。それよりあなたがいなくても円滑に運営できる仕組みが確立されているかが重要です。

check4.電話受付なんてあまり重要じゃない?

いいえ違います!
宅配サービスにおいて、電話受付は重要な営業窓口です。迅速、且つ的確な対応が求められます。

check5.伝票整理はちゃんとやってるから…

いいえダメです!
伝票の本当の価値は、店舗・工場など社内の情報を正確に共有し、どこからでもスグに必要な伝票を探せることにあります。

check6.集計は月末にすればいい?

いいえ違います!
売上集計は、大事な現状分析データです。直ぐに把握できる状態にしておかないといけません。

check7.社長の俺が頑張れば大丈夫!

いいえ違います!
社長が頑張るのは当然のことです。でも、スタッフを管理できない社長は、問題大ありです。


「戦略・戦術」がなければ続かない

宅配ビジネスで成功するために…

なぜ、お客様は「宅配サービス」をのぞむのか?

宅配というサービスは、単に「商品を届ける」というサービスではない。単純に宅配すればお客様のニーズを満たすという時代は終わったのだ!

一人一人の多様化するニーズに答えて、初めてサービスとして成立するものである。その実現なくして、優良顧客は利用しない。だから、「宅配サービス」では、戦略・戦術がとても重要である。

ただ「注文をください」といって回るのではありません。もちろん注文をくださいといわなければなりませんが、お客さんが注文してくださるとすれば、我々はそのお客さんに何をしてあげられるのかということを考えることです。

稲盛和夫(京セラ、KDDI創業者)の名言集より

宅配ビジネスで成功する戦略・戦術とは? → 宅配ビジネス繁盛店への道

お客様が望むもので、自社に提供できるものはなにか?
お客様に一番に喜んでもらいたい自社の商品とはなにか?さらに提供する宅配サービスは、「お客様の何を解決し、どんな問題を解消できるか?」それを具体的に掲げ、そして実現できる「仕組み」を作ること。そのために「戦略・戦術」は不可欠である。

宅配サービスにおいて、戦略・戦術なきものことは、 「舵のない船のようなもの…。」 行き当たりばったりでは、行き詰まる。あなたの提供しようとしている「宅配サービス」にはどんな戦略・戦術がありますか?

自社の新たなサービスとして宅配ビジネスを始めたい!でも、本当に儲かるのだろうか?また宅配サービスを始めたものの思うように売上が伸びない。
そんな方は是非ご相談ください。

宅配ビジネスの成功事例 ⇒


御社の宅配ビジネスを全力でサポートします!

弊社は御社の地域のお客様に喜ばれる、そして長く続けられる宅配ビジネスにするため、当社の持てるすべてのノウハウと力でお手伝いすることをお約束いたします。
もちろん、有料ですが、きっとその価格以上に価値があることは実感していただけます。是非、ご自身で見極めてください。

「差をつけたい!」貴方へ。探しているシステムがここにあります。

お気軽にお問合せ、ご相談ください

私たちは、御社の宅配ビジネスにおける最良のパートナーとして、力を発揮いたします。

もし、さらに具体的なお話をしたい場合は、お電話092-985-0205(平日/10am~17pm)またはメールにて、お気軽にご相談(無料)ください。