「数字に強くなる」

成功への鉄則7
多様化する顧客の動向を見極めて、効率的に業務、販促を繰り返す必要がある。

7つの鉄則をどのように押さえていくか、貴店の場合を同時にイメージされてみてください。

いうまでもなく、宅配(デリバリー)サービスは、どんぶり勘定でダメということが今までの説明でお分かり頂けたでしょう。

それで、少なくとも日単位の売上げを常時把握している必要があります。
その他にも、時間や曜日ごとにどれだけ売上げが違うのかを知っているなら、スタッフの割り当てや、ポスティングのタイミングなどをする際に、実績に基づいたデーターから決めることができます。

また、成功の鉄則4「効率をあげること」でも述べたように、店から5~10分以内のエリアを効率的にまわることが鍵でしたが、エリア、シェア別の売上げを把握していると、無駄なポスティングをしなくて済みます。 自店のお客が、どんなニーズを持っているかは、注文形態や注文商品別の分析をすれば、おのずと見えてきます。

感覚で、これらの事を決めるのは、実に危険であることが分かって頂けると思いますが、こうした実績に基づいたデータを持っているなら、計画的にデリバリービジネスの戦略を立てることができます。

ここまでで、かなり細かなことまで書いたので、大変そうだなと正直感じられたかもしれません。確かに、人海戦術で行うなら、大変でしょう。
しかし、ITを駆使したり、分かりやすい仕組みにしたりすることで、これらのことを回避することができます。

また、苦労して獲得したお客様ですが、有り難いことにデリバリーのサービスの良さを理解した顧客はなかなか離れません。
もちろん、その後のフォローはしなければいけませんが、実に堅実なサービスと言えます。

しかしながら、自店のエリア内でデリバリーというサービスを確立させることは大変、労力がいるのも事実です。

でも、だからこそ、きっとやりがいもありますし、なにより、大変だからこそ、ライバルがおいそれと実行できないのではないでしょうか?(真似されにくい)

最後になりますが、デリバリーは、あくまで顧客を増やす手法であって、本質ではありません。
やはり、大事なのは商品の質でしょう。

おいしい料理はお客の心を喜ばすことができますが、デリバリーサービスによって、お客様のニーズを満たす、さらに魅力的なお店ができます。

是非、この機会にデリバリービジネスを真剣に検討され、御社の新たな事業として成功していただけることを切に願っております。

デリバリー専門ナビゲーター
㈱ネクストベリー CEO 中前一輝

宅配ビジネスの7つの落とし穴 ⇒


御社の宅配ビジネスを全力でサポートします!

弊社は御社の地域のお客様に喜ばれる、そして長く続けられる宅配ビジネスにするため、当社の持てるすべてのノウハウと力でお手伝いすることをお約束いたします。
もちろん、有料ですが、きっとその価格以上に価値があることは実感していただけます。是非、ご自身で見極めてください。

「差をつけたい!」貴方へ。探しているシステムがここにあります。

お気軽にお問合せ、ご相談ください

私たちは、御社の宅配ビジネスにおける最良のパートナーとして、力を発揮いたします。

もし、さらに具体的なお話をしたい場合は、お電話092-985-0205(平日/10am~17pm)またはメールにて、お気軽にご相談(無料)ください。

top