今の現状をご存じですか?

今、スーパーや百貨店では、「安売り」や「催し(イベント)」など、あの手、この手を使って、集客に躍起になっています。デザインやキャッチコピーにこだわったいろんなチラシを作っています。でも、お客が来ない!

お客様が来ない=ネットスーパー宅配などのサービスの売上が増えている。

ITmedia 2015/07/27より抜粋

食品の宅配市場は今後も成長―矢野経済研究所が予測

矢野経済研究所は7月27日、「食品宅配サービス市場」に関する調査結果を発表した。それによると、2014年度の食品宅配市場(主要10分野合計値)は前年度比102.9%の1兆9348億円。少子高齢化の影響を受け、国内の食関連市場が縮小傾向にあるなかで、食品宅配市場は堅調に推移している。この背景には「共働き世帯の増加やライフスタイルの多様化に加え、高齢者人口の増加に伴い、高齢者の見守りサービスを兼ねた食事や食品の宅配需要が確実に増加していることが挙げられる」(矢野経済研究所)

また食料品の購入や飲食に不便を感じるといった高齢者を中心とする“買物弱者”の増加や女性の社会進出といった社会的需要もあり、食品宅配サービスは年々、その重要性を増しているという。

食品宅配市場は堅調に推移しているが、どういった課題があるのだろうか。矢野経済研究所は「事業者の積極的な参入による業種業態を超える競争の激化や、宅配事業者の値上げなどによる配送コストの上昇と配送員不足が挙げられる」と指摘。

また、あらゆるチャンネルで消費者と接点をもつオムニチャンネル化への対応が求められているほか、宅配以外に店舗での受け取りや店頭での買い物を自宅配送にするなど、都市部を中心に多様な受け取りサービスを希望する消費者が増えている。「百貨店、食品スーパー、コンビニなどの小売業は、ネット通販にも進出してきており、またネット通販専業事業者が実店舗をもつ事業者との連携を図るといった動きもある。食品宅配においてオムニチャネル化が活発化している」(同研究所)と分析した。

こうした動向を受け、同研究所は2015年度の市場規模は前年度比102.7%の1兆9864億円、2019年度には2兆1470億円に拡大すると予測している。

ネクストベリーの見解は

景気が悪いといわれて10年になりますが、悪いのはこれまでの販売経路や手法であり、消費者のウォンツ(ニーズではない)を満たしている商売は堅実に成長しています。

つまり、景気が回復すればお店の売上げも回復するというのは妄信であり、今なにもしなければ景気が回復してもお店の売上げが伸びる可能性は極めて低いということです。


人々の消費傾向は「確実」に変化している


少し前まで小まめに主婦がスーパーで買い物をするという行為は当たり前でした。 しかし、共働きの増加や人々のライフスタイルの複雑化により、日常が忙しくなったため、便利なコンビニや通販などを利用し、週に何度かスーパーに行くという家庭が非常に多くなっています。是非、身近な方に聞いて確めてみてください。

コンビニのような便利さを消費者は求めている

コンビニは、商品の入れ替わりも早く、大抵話題の商品はそろっていますし、いつも新しい商品があります。それは、売れ筋をリアルタイムで管理しているからなせる業です。 何日も品切れするということはありません。
便利で、しかも魅力的な商品であふれるコンビニが近くにあるのにわざわざ遠いお店に買いに行くでしょうか?

消費者のウォンツに合わないスーパーや百貨店

大きなスーパーは品揃えを豊富にするか?あるいは、安さにうったえるか?絶対にほかでは手に入らない商品やサービスで対抗するしかありません。しかし、それとて入手するためにかなりのコストとリスクが伴います。 スーパーが来店してもらうために色んなイベントを考えたり、ポイントサービスや安さに訴える販促に力を入れている間に、コンビニは、どうすれば顧客が喜ぶか?どんな物が売れるのかを科学的に把握して、何度もテストを重ね、値下げしないでも売れる仕組みを確立しました。
だから、コンビニは利益率が高くなり、新しい取り組みに積極的にチャレンジできるようになっています。
一方、スーパーはせっかく客寄せしても、利益が少ないので、いつも自転車操業のように資金難になり、せっかくビジネスチャンスがあっても、なかなか新しい取り組みに動けません。
人々の消費傾向は「確実」に変わってきている、夜型にシフトしています。


消費のライフスタイル・思考の変化

消費者の生活スタイルはますます複雑になり、忙しくなっていきます。「1日24時間」、これは誰にも変えられません。
だからこそ、自分の好きな事に時間をかけて、その他の仕事(特に家事)には便利なサービスを利用する時代になります。
当然、その他の仕事はなるべく時間をかけたくありませんので、「すぐに利用したい」というウォンツ(売れる)、をどう満たすか、です。

残念ながら、"安売りサービス"や小手先のテクニックでは目先の売上を作れても、利益を確保することが出来ません。まして、その売り上げとて、何年続くかわからない。 それで数(点数)を取らないといけないのですが、それとて、どこのお店も数を取るために躍起なので、なかなか集客できません。そのために仕掛ける販促費も馬鹿になりません。 さらに安売りだと1点1点に手間がかけられませんので、品質が落ちてしまいます。

戦略なき安売りは確実に店をつぶします。

このまま行けば、特徴のない店は、数年後でつぶれるでしょう。
お店を生かすも殺すも今の経営者の勇気ある一歩からです。

お店にお客が来ない理由は、単に「財布のヒモが硬い」とか「不景気」だからではありません。

お店にお客が来ない本当の理由は、ズバリ「お客様に選ばれていない!」ということです!

そこで、どんな手を打つか?が問題となります。


新しい販路「宅配(出前)サービス」が注目

最近、新しい販路として"宅配"というサービスが注目されています。ピザ、寿司、弁当、水、クリーニング…さまざまな業界が宅配(出前)サービスに参入しています。しかし、その中でもしっかりとした戦略とビジョンを持って取り組んでいる所はまだまだ多くありません。

実は、宅配サービスは既に第二ステップに突入しています。これまでは単に"便利"という事で利用されてきましたが、その時代も終わり、これからはどうすればお客様に喜ばれるか?のプラスアルファが求められています。

それは「品質」であったり、「突起したサービス」であったりします。今、いろんなスタイルの宅配サービスが台頭しています。その中でもお客様のウォンツを把握しているところは、確実にお客様の心を捉えていますし、お客様はかなりの確率で浮気をしません。しても確実に戻ってくる仕組みを作っています。

実際に、そのことが数字(データ)的にも証明されています。

是非、その新しい消費者のスタイルに合わせた"宅配"をご検討ください。

ただし、お店の売上げが全然伸びないので、宅配にでも切り替えようとか、目新しいからという安易な理由で取り組まれるなら確実に失敗します。中途半端に始めると苦しいだけですし、何より消費者に受け入れられません。宅配はあくまで販売経路であり、その先に何を提供できるかで支持されるか?支持されないか?が決まります。ぜひ、これから10年後の将来を考えて、宅配ビジネスにお取り組みください。

宅配ビジネスを始める前に知っておきたいポイントとは?⇒


御社の宅配ビジネスを全力でサポートします!

弊社は御社の地域のお客様に喜ばれる、そして長く続けられる宅配ビジネスにするため、当社の持てるすべてのノウハウと力でお手伝いすることをお約束いたします。
もちろん、有料ですが、きっとその価格以上に価値があることは実感していただけます。是非、ご自身で見極めてください。

「差をつけたい!」貴方へ。探しているシステムがここにあります。

お気軽にお問合せ、ご相談ください

私たちは、御社の宅配ビジネスにおける最良のパートナーとして、力を発揮いたします。

もし、さらに具体的なお話をしたい場合は、お電話092-985-0205(平日/10am~17pm)またはメールにて、お気軽にご相談(無料)ください。